350億個の善玉菌サプリメント

腸まで届く善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)配合

ドクターズチョイスの”350億個の善玉菌サプリメント”は、少し特徴的なネーミングですが、1日分に乳酸菌とビフィズス菌の両方がトータル350億個が配合されているという特徴を一度に伝えるには、この名前が最適とも考えられます。

それ程、豊富に含まれている善玉菌ですが、まず、乳酸菌には、腸内を酸性に保つ働きがあります。

この作用により、弱アルカリ性環境を好む悪玉菌の活動や増殖を防ぐ事が出来るので、便や老廃物の腐敗を防ぐ事にも繋がります。

そもそも、乳酸菌の働きに期待する事と言えば、便秘や下痢の改善です。
便秘とは、3日以上排便が無い事を指すのですが、毎日排便があっても残便感がある場合も便秘と定義するそうです。

健康診断でも同じように、毎日の排便がある場合でもCTスキャンなどで便の塊が確認された場合には、便秘という扱いになるそうですが、毎日出ていてもそうでなくても、腸内のすっきり感があるかどうかで判断できると思います。

では、乳酸菌が便秘の解消につながる理由ですが、悪玉菌が増えるのを防ぐ以外に、腸内環境の活動を促す働きによるものです。

その為にも腸内の乳酸菌が不足しないように補う事が腸内環境の改善に必要な事となりますが、特に、ドクターズチョイスの350億個の善玉菌サプリメントには、以下のように腸内に多い乳酸菌が含まれています。

  • アシドフィルス乳酸菌
  • プランタラム乳酸菌
  • ブルガリカス乳酸菌
  • ラムノーサス乳酸菌
  • サリバリウス乳酸菌

続いて、ビフィズス菌ですが、こちらも乳酸菌と同様に腸内を酸性に保つ働きがあると同時に、腸内環境の蠕動(ぜんどう)運動を促す働きもあるそうです。

また、乳酸に加えて酢、強い殺菌力を有する酸を生成する働きがあります。この他にも、ビタミンB群や葉酸を作り出す働きもあるそうなので、それらの栄養が食事から不足しても、ビフィズス菌経由で補う事も可能です。

このサプリには、以下のような種類のビフィズス菌が含まれます。

  • ビフィダムビフィズス菌
  • ラクティスビフィズス菌
  • ロンガムビフィズス菌

生きたまま腸内環境まで届く技術

このように、腸内環境改善に必要性の高い善玉菌ばかりを詰め込んでいるサプリメントですが、懸念されるのが、「腸内環境に届く前に胃液などで消化されてしまうのでは?」という事です。

その点、ドクターズチョイスの350億個の善玉菌サプリメントは、世界的に高い技術力を誇るダニスコ社の技術を採用する事で特殊な3層コーティングのカプセルに善玉菌を入れる事により、生きたまま腸内に届くように仕上げられているそうです。

これらに加えて、善玉菌のエネルギー源となるオリゴ糖やアラビノガラクタンも含まれているので、腸内環境の改善に優先的に必要なものが一つにまとまっているという印象があります。

実際に飲んでみると、確かに、便意が起こるペースが早くなり、出てくるものもいつもより水分を含み、すんなり出てくる感じがありますので、時として飲むのを中断しながら活用していくのが良いかもしれません。