フェミプロバイオ

ラクトバチルス属乳酸菌を豊富に配合

ドクターズチョイスのフェミプロバイオは、女性の膣内に必要な善玉菌を補う為に作られたサプリメントです。

女性の膣内には、デーデルライン桿菌として、複数の乳酸菌が含まれています。膣というのは、外から雑菌が侵入してくる事もある場所なので、これらの善玉菌が膣内環境を守る為に働いています。

しかし、ストレスや疲労、生理などで免疫力が一時的に落ちると、デーデルライン桿菌は衰退し、反対に、悪玉菌が増えやすくなってしまいます。

この時、カンジダ菌が増えてしまうとカンジダ膣炎を再発しやすくなってしまいます。

そうならない為には、不足してしまったデーデルライン桿菌に属する乳酸菌を補う必要があるという事で、それらを含むサプリメントとしてドクターズチョイスのフェミプロバイオが作られました。

サプリメントには、以下のような乳酸菌が含まれています。

  • ラクトバチルス ラムノーサス菌 45億個
  • ラクトバチルス ロイテリ菌 45億個
  • ラクトバチルス アシドフィルス菌 20億個
  • ラクトバチルス プランタラム菌 20億個

1日分、トータルで130億個も補う事が出来ます。

ドクターズチョイス製品として、これ以外にも、カンジタクリアスーパーというサプリメントがあり、二つ合わせて完治セットとしても販売されています。

二つの使い分けは、カンジダに有効性の高い様々な成分を選ぶか、乳酸菌を補うかの違いです。

  • フェミプロバイオ:乳酸菌を補う
  • カンジタクリアスーパー:カンジダに有効な成分が様々

カンジダ膣炎を再発し、その度に膣剤を用いてデーデルライン桿菌なども殺菌しリセットしてしまうと再発するリスクが残ります。その点、乳酸菌により免疫力をキープし、予防段階で食いとどめられる可能性を持っている方法と言えるのではないでしょうか。