ファンガソープEXの有効性と入手方法

殺菌力に優れた万能洗浄剤「ファンガソープEX」

今では、ドクターズチョイス商品もサプリメントだけに留まらず、塗り薬やリキッド、そして、ファンガソープEXなどがあります。更には、海外でのみ売られている市販薬の正規代理店契約の元、代理販売なども行っています。

その中でも、ヒット商品となっているのがファンガソープEX(Phunga Soap EX)です。

なぜ、ファンガソープEXが人気となっているのでしょうか。

それは、この液体ソープが様々な皮膚症状を鎮める上で有効な複数の成分が含まれているだけでなく、実際に使っているユーザーが実感した口コミからも見ることが出来ます。

ファンガソープEXは、体のケアに用いるものとイメージされがちですが、顔や頭髪などにも問題無く使用できる為、これ1本で全身を洗う事も可能です。

水虫やカンジダなどの雑菌による皮膚疾患を鎮める上で必要な殺菌洗浄成分が含まれており、同じく、雑菌の繁殖による加齢臭のようなニオイにも有効なので、顔や頭皮の洗浄にも使う事が出来るのです。

直営店経由での通販が安上がり

ただし、使う量が増えてくると気になるのがランニングコストです。

私も長年愛用しているのですが、まだ使い始めたばかりの頃は、そこまで使用頻度も多くなかったので1本使い切るのに4ヶ月くらいは持っていました。

使い始めて2年を過ぎた頃から、コレで洗わないとスッキリしないように感じ、当初より使う量も増え出張先にも欠かさず持って行くようになりました。液体ソープなので、トラベルボトルに入れて出張にも持ち運ぶ事が可能です。

では、毎日のように使う事を想定すると、年間でどの位の費用?

個人で使う場合は、1本あたり2ヶ月くらいは持つので、年間で6本ほど必要になると仮定してみると、Amazonで買う場合、1本3,190円で売られているので年間で2万円程度の出費となります。

市販のボディソープと比べると、やはり少し金額が気になる・・・。

そう思うかもしれません。

ファンガソープEXを継続して使うなら直営店からの購入が最安となります。

直営店ではファンガソープEX1本あたり2,780円なので、Amazonとの差額を比べると、410円(単価)も安くなります。更に、2本セットなら4,680円(1本あたり2,340円)となるので、Amazonで2本分の総額(6,380円)と比べて、1,700円(1本あたり850円)も安く購入できます。

直営店での購入+セットがお買い得です。

その上、定期購入にすれば、更に金額を抑える事が出来るようになります。

ファンガソープEXの何が良い?

ファンガソープEXは、殺菌力と保湿に優れた成分を含んでいるので、使い心地が良いという実感も多いようです。

実際に、様々な皮膚関連の症状に悩まれている方が絶賛しているレビューを見ると、「悩みの深い人たちが言うのだから間違いなさそう」と自然と思えるのではないでしょうか。

メインとなる成分は、殺菌力に優れた植物由来成分のティーツリーオイル、保湿力があるシアバターなので、これらの持つ効能が期待できます。

以前まで使っていた固形石けんとは異なり、液体のファンガソープEXは、洗うときは、ややぬるっとしていて肌になじみ、洗い流すとサラっとしていて使いやすいです。

新バージョンは何が変わった?

以前のファンガソープEXも十分良かったのですが、何度か改良され現在に至ります。

▼旧タイプ

最初の頃は、このような白いボトルに入っていました。

▼旧タイプ

次の改良版では、ボトルが濃い茶色~黒に近い色に変更されています。

▼現行タイプ

更に、改良されたタイプは、ティーツリーオイルの配合量を引き上げ、キャップなどもより使いやすいものに変更されています。

一つ前のタイプでは、このようなスマートなキャップだったのですが、割と閉め忘れる事がありました。

現行タイプでは、キャップの開閉がノズルの起き上がりではっきり確認できるので閉め忘れも無くなり、ピンポイントで出やすくなったので量の調整も楽です。

それに、出る液が細くなったので量を調整しやすくなりました。内容量に関しては、違いはありません。

また、色は、以前のものですが、うっすら茶色~オレンジという感じでしょうか。今まで通りの使い心地とさっぱり感は、変わらず健在なので、これからも使っていく石けんである事に変わり有りません。

市販ボディソープとファンガソープEXとの違い

ファンガソープEXは、天然成分由来の殺菌洗浄力に優れ成分も選りすぐられているので、洗い上がりもすっきりしています。個人的には、以前使用していた市販のボディソープで起こっていた痒みが無くなりました。

今までに、色々なボディソープを試してきましたが、肌に合わないものが多く、洗い上がりもすっきりせず、むずがゆくなるものさえありました。

肌になじむというか、肌の保湿状態を丁度良くキープしてくれるもの、その上で殺菌力の高いティーツリーオイル配合というのも良いのかもしれません。

その点、ファンガソープEXは、水虫や爪水虫対策、カンジダにも使えるという殺菌力が定評です。雑菌を効果的に洗い流すという意味でも、無添加液体ソープには、無い使い心地だなと思います。

いずれにしても、市販のボディソープの多くは、汚れや表面に付着していた細菌類は洗い流す事が出来ても、白癬菌やカンジダなどの日和見感染を引き起こす細菌類は洗い流す事が出来ないという事実に変わり有りません。

足裏やかかとの雑菌対策として

以前、魚の目やかかとのひび割れが雑菌によるものだと知りいました。それだけ、足裏の皮膚にこびりついていると考えるとちょっとイヤですね。

そこで、ファンガソープEXを使って意識して洗うようになってから、かゆみを感じる事も減り始め、今では、あのムズムズ感はどこに行ったのやらという感じです。

もしも、足裏やその周辺に痒みを感じる事が多く水虫ではない場合、それは、細菌が多くこびりついている可能性は高いですが、ファンガソープEXを試してみたら、痒みも無くなり皮膚もきれいになってくれる可能性は高いと思います。

含まれるティーツリーオイルなどは、その殺菌洗浄力から水虫などの予防にも繋がるので、共同生活を送っているなら、皮膚感染症予防する意味でも常用に越したことはありません。

携帯しやすい液体ソープが良い

旅行や出張中などにもファンガソープEXは便利です。液体タイプなので、トラベル用のボトルに詰めて持ち運ぶことが出来るからです。

私は、滞在先のホテルに備え付けのボディソープなどを使う事がありません。なぜなら、ホテルに備え付けのボディソープの大半は、いくら洗ってもヌルヌル感が取れなかったり、香りが強く残る品質の悪いものが多いので、ファンガソープEXの携帯が欠かせません。

その点、ファンガソープEXに切り替えてからは快適でした。なにせ、ボトルに入れて持ち運ぶ事が出来るので。

100円ショップダイソーにシャンプーやリンスを入れる旅行用のボトルがあるのでそれを入手し、必要な量だけ、入れ替えて持ち運ぶようになってからは、固形石けんの時のような煩わしさが無くなりました。

環境が変わっても普段と変わらないケアが出来るので、とりあえず、出張先、旅行先でもファンガソープEXが使えれば、これ以上の安心感は無いかなというのが実感です。

ファンガソープEXの泡立ちを良くするには?

ファンガソープEXのマイナスレビューとして泡立ちの悪さが揚げられていますが、私にもその実感はあります。泡立ちが悪いと肌に伸びにくいので、使う量が増えてしまう事が懸念点となります。

ただし、市販のボディソープは、石油由来の界面活性剤を多く使う事で泡立ちを良くしていると思うと、泡立ちが良いボディソープが決して良いものだとは限りません。

むしろ、不純物を減らし、天然由来の必要な殺菌洗浄成分だけに限る事で、結果的に泡立ちが抑えられているものがファンガソープEXです。

ですが、無駄に沢山使わないで快適に使いたいと思うのも事実。

そこで、多少なりとも使い心地をよくする方法をご紹介します。

  1. ファンガソープEXを手に取り全身に手で塗り伸ばす
  2. 濡らした小さめのタオルにファンガソープEX付けて泡立てる
  3. そのタオルで体を洗う

こうする事で、泡立ちがなくてもタオルでスムーズに全身を洗う事ができるようになります。また、スポンジよりも角質などを落としやすいので、洗い上がりもとてもすっきりするようになると思います。

記事一覧

メニュー