高品質でも価格が安い理由

中間コストをカットした分を品質へ

ドクターズチョイスのサプリメントは、高品質で含有量も豊富、なのに価格は安くコストパフォーマンスに優れたものが多く有ります。

「大量販売で利益が取れるから?」
「原材料を安く抑えているから?」

ドクターズチョイスのサプリメントは、時として在庫切れになる製品がある程、大量にストックしているわけではありません。むしろ、それが普通の事であり、日本で販売されているサプリメントのように、季節が変わっても在庫が切れない方が不思議な事ではないでしょうか。

ドクターズチョイスのサプリメントの原材料として使用されているものは、オーガニック認定の野菜などの植物が多くあります。

これらは、数に限りがあり、季節によってもばらつきが出る関係で在庫に変動があり、時には、在庫切れをするのはごく自然な事だと言えます。

また、オーガニックである以上、それを取り扱う工場も一つのブランドとして確立されているので、原材料もそれなりの価格となってしまいます。なので、原材料が粗悪で価格の安いものであるという事は、まずありません。

そうしたものであれば、遅かれ早かれ商品価値は無くなり、在庫切れする程のリピート人気が付く事は、まずありません。

考えていただきたいのは、アメリカより日本のサプリメントの品質です。

アメリカというと何でも大ざっぱというイメージがどこかにありますが、薬や食品に関しては、品質管理が非常に厳しい事で知られています。
特に、日本のように国民健康保険制度が撤廃されたアメリカでは、基本的に、医療関係は自由診療なので医療費が高額となります。

アメリカ国民の意識として、健康管理は自己責任。
その為、薬にしてもサプリメントにしても、しっかりと品質を見極める必要が有ります。薬やサプリメントを見極める目が日本人よりも何倍もシビアなのは言うまでもありません。

「あそこのメーカーは優秀だから大丈夫だろう」という安易な考えではなく、品質に関する基準をしっかり持っているかを重要視します。それを確認する基準として、外部の検査機関でテストされ、基準をクリアしたものなどに付ける事が許されるロゴ(シール)などから品質を確認出来るようになっています。

一方、日本で売られているサプリメントは、テレビで取り上げられるとヒット商品となる事も多いので、「沢山売られているから良い商品」という印象を持ってしまう事も少なくないと思います。

○○セレクション受賞という触れ込みで、品質の良いサプリメントであるようなイメージをつけることが行われていますが、あれらは、品質ではなく販売実績に応じて付ける事が許されるものなどあるので、サプリメントの品質とは直接的に関係ありません。

その点、ドクターズチョイスは、日本ではなくアメリカに拠点を持つサプリメントブランドなので、日本で広告費を投じて日本のサプリメントブランドと勝負をしても勝ち目はありません。

なので、広告費をかけて販売数を増やすのではなく、また、中間コストとなる販売店を設けることなく直営店のみで品質重視の製品を販売しています。

沢山売るというよりも、その商品を必要としている消費者がドクターズチョイスブランドに気づき購入してくれる。更に、品質の良さを信頼しリピーターになってくれる。

そうやって信頼されるブランドとなることを重要視している事は、実際に販売されているドクターズチョイスのサプリメントやその他の製品を見れば一目瞭然ではないでしょうか。