ドクターズチョイス・フェミプロバイオの特徴

ラクトバチルス属乳酸菌を豊富に配合

ドクターズチョイスのフェミプロバイオは、女性の膣内に必要な善玉菌を補うためのサプリメントです。

販売個数 直営店 Amazon
1個 ¥4,680 ¥6,220
2個 ¥8,890 ¥10,220
内容量 1日分 1ボトル
30粒 1粒 30日分

現在は、パッケージデザインが以前の緑色のカラーベースからピンクベースに変更されています。より女性向けなデザインになりました。

>>フェミプロバイオの詳細はこちら

予防に必要なデーデルライン桿菌

カンジダ膣炎の再発を防止するには、デーデルライン桿菌を補うことが大事です。

女性の膣内には、デーデルライン桿菌と呼ばれる乳酸菌群が常駐し悪玉菌が増えないように防いでいます。しかし、生理周期や疲労、ストレスなどで免疫系が弱るとバランスが崩れてしまいます。

崩れたバランスを元に戻すため、膣内に必要な善玉菌をサプリメントで補える方法がドクターズチョイスのフェミプロバイオです。

含まれる乳酸菌の種類

善玉菌の種類 含有量
ラクトバチルス ラムノーサス菌 45億個
ラクトバチルス ロイテリ菌 45億個
ラクトバチルス アシドフィルス菌 20億個
ラクトバチルス プランタラム菌 20億個

合計100億個以上のデーデルライン桿菌を1粒で補うことができます。

ほかにも、カンジタクリアスーパーというサプリメントがあり、2つ合わせたセット販売もされています。

含まれる善玉菌の違いは、以下の通りです。

商品名 主な善玉菌の属性
フェミプロバイオ デーデルライン桿菌
カンジダクリアスーパー 乳酸菌・ビフィズス菌

カンジダ膣炎再発の度に膣剤を用いると、一時的には楽になってもデーデルライン桿菌が減るため再発リスクが高くなります。

一方、デーデルライン桿菌を補い免疫力をキープすれば、予防できる可能性があります。膣剤使用時にデーデルライン桿菌を補う場合にも最適なサプリメントです。

女性なら誰でも起こりうるカンジダ症

カンジダは真菌の一種で、ヒトの体に生息する常在菌が起こします。日和見菌と言われるように、善玉菌と悪玉菌の数の多い方の味方をする特性があります。

免疫力が落ちると悪玉菌が増えやすくなり、カンジダ症を発症しやすくなります。女性は、4人に3人が発症経験がある程、身近な感染症です。

また、妊娠中は、免疫力が抑えられるため発症が増えるとも言われています。

膣周辺のかゆみのうち、10%程度はカンジダによるものです。

妊娠すると割合が20%に上がるだけでなく、出産のタイミングで発症していると産道感染が4割程度起こるそうです。

カンジダ=日和見菌

ストレスや疲労、生理周期などの影響で免疫力が落ちると、デーデルライン桿菌が弱り悪玉菌が強くなります。

この時、日和見菌の一種であるカンジダには、強い方の味方をするという性質があるため、強くなった悪玉菌の味方をすることでカンジダ症を起こします。

反対に、カンジダを味方に付けるには、善玉菌を強くするしかありません。

デーデルライン桿菌を補い膣内の善玉菌環境が整えば、カンジダは、悪さをやめておとなしくなってくれます。

カンジダ膣炎は、抵抗力が落ちているサインなので、減ってしまったデーデルライン桿菌を補えば解決できる可能性が高まります。

購入の注意点

フェミプロバイオだけでなく、カンジダクリアスーパーも一緒に購入したい場合は、直営店のみで購入可能です。

カンジダ症対策として、デーデルライン桿菌を補えるサプリメントの活用は、最適な予防方法の一つとなってくれる可能性があります。

さらに、「おりものの状態が良くなった」「においがしなくなった」など、膣内の善玉菌が増えることによる恩恵を受けられたというレビューも多くあります。

ドクターズチョイスのフェミプロバイオは、女性の健康にとって必要なデーデルライン桿菌を効率よく補えるサプリメントです。

販売個数 直営店 Amazon
1個 ¥4,680 ¥6,220
2個 ¥8,890 ¥10,220
内容量 1日分 1ボトル
30粒 1粒 30日分

>>フェミプロバイオの詳細はこちら

掲載商品の紹介と価格比較