フェミプロバイオ

ラクトバチルス属乳酸菌を豊富に配合

内容量 1日分量 Amazon価格 正規店価格
30 粒 1 粒 5,380 円 4,680 円

ドクターズチョイスのフェミプロバイオは、女性の膣内に必要な善玉菌を補うためのサプリメントです。

>>フェミプロバイオの購入はこちら

デーデルライン桿菌の働き

女性の膣内には、「デーデルライン桿菌」と呼ばれる乳酸菌群が常駐し悪玉菌の侵入を防いでいます。

しかし、ストレスや疲労、生理などで免疫力が落ちると、デーデルライン桿菌は衰退し悪玉菌が増えてしまいます。

免疫力低下時に、カンジダ菌が増えるとカンジダ膣炎を再発するのです。

カンジダ膣炎の再発を防止するには、デーデルライン桿菌を補うのが第一です。

フェミプロバイオは、デーデルライン桿菌を効率よく摂取できるサプリメントです。

以下の乳酸菌が含まれています。

善玉菌名 個数
ラクトバチルス・ラムノーサス菌 45億個
ラクトバチルス・ロイテリ菌 45億個
ラクトバチルス・アシドフィルス菌 20億個
ラクトバチルス・プランタラム菌 20億個

ほかにも、カンジタクリアスーパーというサプリメントがあり、2つ合わせたセット販売もされています。

使い分けは、以下の通りです。

製品名 対象 善玉菌名
フェミプロバイオ 膣内 デーデルライン桿菌
カンジタクリアスーパー 腸内 乳酸菌・ビフィズス菌

カンジダ膣炎再発の度に膣剤を用いると、一時的には楽になってもデーデルライン桿菌が減るため再発リスクが高くなります。

一方、デーデルライン桿菌を補い免疫力をキープすれば、予防できる可能性があります。膣剤使用時にデーデルライン桿菌を補う場合にも最適なサプリメントです。

女性なら誰でも起こりうるカンジダ症

カンジダは真菌の一種で、ヒトの体に生息する常在菌が起こします。日和見菌と言われるように、善玉菌と悪玉菌の数の多い方の味方をする特性があります。

免疫力が落ちると悪玉菌が増えやすくなり、カンジダ症を発症しやすくなります。女性は、4人に3人が発症経験がある程、身近な感染症です。

また、妊娠中は、免疫力が抑えられるため発症が増えるとも言われています。

膣周辺のかゆみのうち、10%程度はカンジダによるものです。

妊娠すると割合が20%に上がるだけでなく、出産のタイミングで発症していると産道感染が4割程度起こるそうです。

カンジダ症対策として、デーデルライン桿菌を含むサプリメントの活用は、最適な予防方法の一つとなってくれるかもしれません。

■1個あたりの価格は?

  • Amazon:5,380 円
  • 正規販売店:4,680 円

>>フェミプロバイオの購入はこちら

メニュー