ドクターズチョイス・N-アセチルシステインプラスの特徴

二日酔い対策に有効なL-システイン配合

ドクターズチョイスのN-アセチルシステインプラスは、飲み過ぎや二日酔いに有効なサプリメントです。

販売個数 直営店 Amazon
1個 ¥3,480 取り扱い無し
内容量 1日分 1ボトル
60粒 1粒 60日分

主成分のL-システインは、飲酒により摂取したアルコールを解毒する課程で発生する毒素、アセトアルデヒドの分解力を高める成分として人気です。

近年、胃がん予防にも有効とわかり注目を集めています。

2015年、L-システインが胃がんのリスクを抑えることが東北大学の研究グループが発表しました。

飲み過ぎ、二日酔い対策としてだけでなく、胃がん対策にもなるアセチルシステインのサプリメントです。

>>N-アセチルシステインプラスの詳細はこちら

体に吸収されやすいシステインが最適

システインは、非必須アミノ酸なので体内でも合成されますが、加齢に伴い体内の総量が減ります。

年齢を重ねてお酒が弱くなってきたように感じているなら、食事やサプリメントで積極的に摂取したいところです。

しかし、システインが含まれていれば、どんなサプリメントでも良いというわけではありません。

システインのサプリメントを選ぶ場合は、体内に吸収されやすいようにアセチル化されたN-アセチル L-システイン(通称:NAC)が最適です。

▼システインの種類

  • L-システイン:自然界に存在するシステイン
  • N-アセチル L-システイン:世界保健機関の必衰薬品のひとつ

N-アセチル L-システイン(以後:アセチルシステイン)は、通常のL-システインと比べて吸収されやすく解毒作用に優れているため、世界保健機関では必須医薬品扱いされています。

ドクターズチョイスのN-アセチルシステインプラスは、商品名からもわかるように、アセチルシステインが含まれています。

医薬品レベルのサプリメントなので、ドクターズチョイスのように海外に拠点あるサプリメントメーカーだからこそ取り扱いできる商品と言えます。

通販する場合も実店舗のある国の法律が適用されるので、医療品と同等のサプリメントを扱えるようです。

二日酔いは、なぜ起こる?

なぜ、お酒を飲み過ぎると二日酔いになるのでしょうか?

原因は、アルコールやアセトアルデヒドを分解できる肝機能の差です。

アルコールを分解して生成されるアセトアルデヒドは、毒性が強い中間代謝物です。

お酒が弱い人や肝臓が慢性的に弱っている人。または、アルコール度数の高いお酒を飲むと、肝臓の分解作業が追いつかず、アセトアルデヒドが体内に濃度の高い状態で残ります。

すると、頭痛や吐き気、胸のむかつき、体の震え、喉の渇きなどが顕著に現れる場合があります。

特に、日本人は、人口の30~40%の割合でアルコールの分解能力の弱い「ALDH2不活性型」と、東北大学の研究グループによって同様に発表されています。

ALDH2不活性型の人たちは、活性型の人たちと比べて、飲酒後にアセトアルデヒド濃度が5.6倍も高くなるそうです。

体内のアルコール分解が遅い分、身体がアセトアルデヒドという毒素にさらされるリスクも高くなるため、身体にかかる負担は、同じお酒の量を飲み続けても肝機能の差によって変わってくるのです。

肝機能が元々弱い人がお酒を飲み続けるのは、肝機能が強い人と比べても健康リスクが高いことがわかります。

「毎日飲んでいると酔わなくなる」と言われたりしますが、実際は、アルコール分解の速度が上がったのではなく、体がアルコールに慣れて毒性を許容し始めたからだそうです。

アルコールはどうやって分解される?

アセトアルデヒドは、有害アルコール(エタノール)を無害な水と二酸化炭素にするために、一時的に生産される中間代謝物です。

どのように分解されるのでしょうか?

アルコールが体内に吸収されると肝臓まで送られます。

肝臓内で、アルコール脱水素酵素の働きによってアセトアルデヒドへと代謝された後、血液中のアセトアルデヒドを分解するために、2型アルデヒド脱水素酵素(ALDH2)の働きによって酢酸へと代謝されます。

酢酸は、血液から筋肉や心臓に運ばれ、最終的に水と二酸化炭素になるそうです。

アセチルシステインは、肝機能をサポートしてアルコールの分解を早めるだけでなく、毒素として不快症状をもたらすアセトアルデヒドの分解も早めることから、悪酔いや二日酔いを予防できるのです。

食品に含まれるシステイン

二日酔い予防に有効な成分であるL-システインは、シスチン(cystine)という形でゴマなどに多く含まれています。

シスチンを多く含む食材には、以下のようなものがあります。

▼可食部100gあたりシスチン含有量

食品名 含有量(100gあたり)
ゴマ 520 mg
カシューナッツ 490 mg
アーモンド 300 mg
カツオ 270 mg
マグロ 260 mg
サザエ 250 mg
豚のロース 220 mg

天然のサプリメントと言われるナッツ類は、本当に優秀な食品です。他にも、マグロやカツオなどの赤身魚にも豊富です。

このように、ナッツや肉の赤身などからも、100gあたり200mg程度のシスチンを摂取できるので、普段の食事からでも事足りそうな気がします。

それでも、酔いやすくなったり二日酔いを繰り返すようなら、体内のシステインが不足していることも考えられます。食事だけではまかないきれていない状態なので、サプリメントでの摂取が手っ取り早いのは言うまでもありません。

美白効果やケラチンの材料となる

L-システインには、メラニンの生成を抑える働き、メラニンを排泄する働きがあるため美白への有効性も期待されます。

また、L-システインが2個結合した状態のシスチンは、皮膚や爪、髪の毛を作るケラチンの材料として重要な成分でもあります。

実際に、日本で最初にシステインのサプリメントが販売された時は二日酔い対策だったものが、研究を重ねて美白用としても販売されるようになったそうです。

ですが、美白用にハイチオールを飲んでいた女性の一部が二日酔い対策として活用するようになり、お酒を飲む機会の多い女性で話題となり飲む人が増えていったそうです。

用途の広いサプリメント

L-システインは、二日酔い対策のほか、胃がん予防に加えて美容にも活用できる成分と広い可能性を秘めている成分です。

ドクターズチョイスの-アセチルシステインプラスは、通常のL-システインよりも優れたアセチルシステインのサプリメントなので、よりよい働きが期待できます。

近年、感染症予防などの徹底により、外出して飲む機会も減りつつある昨今ですが、部屋に居ることで安心して深酒してしまったり、ついつい、お酒を飲む習慣が癖付いたりしてしまいがちです。

そんな時にも、肝臓の負担を減らすために、L-システインのサプリを飲むことは、肝臓だけでなく胃を守ってくれたり、毛髪や皮膚、爪にも有効となれば、メリットが豊富に感じられます。

販売個数 直営店 Amazon
1個 ¥3,480 取り扱い無し
内容量 1日分 1ボトル
60粒 1粒 60日分

>>N-アセチルシステインプラスの詳細はこちら

掲載商品の紹介と価格比較