オーガニック天然葉酸

オーガニック認定されている安全な天然葉酸

ドクターズチョイスのオーガニック天然葉酸は、オーガニックレモンから抽出された天然葉酸のサプリメントです。自然食品と同じ吸収率の天然型です。

>>オーガニック天然葉酸の詳細はこちら

天然型にこだわった成分

葉酸は、妊娠1ヶ月前~妊娠3ヶ月程度までに欠かせない栄養素と言われています。

妊娠中の服用を前提として、天然型にこだわって作られています。

利用した妊婦さんのレビューは、以下の通りです。

  • 「粒が小さく飲みやすい」
  • 「においも気にならない」
  • 「オーガニックだから安心」
  • 「食欲が無くても大丈夫」

とても小さく飲みやすい粒

1粒だけ手に取ると、ほとんど無臭です。妊娠中も負担無く飲めると思います。

妊娠中は、ご飯の炊けるにおいだけでも吐き気を催す場合があるので、食べる物に関してシビアになる時期です。

オーガニック天然葉酸は、一般的なサプリメントと比べて粒がとても小さく、抵抗なく飲めるサイズです。

葉酸の有効性

受精卵が細胞分裂をスムーズに繰り返すには、DNAを複製する必要があります。DNAの成分となる核酸が作られる時に、必要不可欠なのが葉酸です。

妊娠がわかるのは、受精後8週間程度からです。

中枢神経の原型は2週間目程度に作られています。健康な赤ちゃんを生む確率を高めるためにも、妊娠が分かる前から葉酸を摂取しておきましょう。

天然型であるポリグルタミン酸型の葉酸は、レモンなどの自然食品を原料として作られています。

推奨される1日の摂取量

葉酸の有効性は厚生労働省も推奨しています。葉酸の摂取により「神経管閉鎖障害の発症リスク低減」に繋がるという報告があるからです。

厚生労働省で推奨されている量は、以下の通りです。

アメリカのFDAでは、1日800μgが推奨されています。

葉酸は、菜の花や枝豆、ホウレン草やブロッコリーなどにも含まれます。食事から補おうとしても、妊娠中は食欲低下が引き起こされがちです。

妊娠中につわりがひどく、食欲が出ない場合の代替策として、天然型の葉酸サプリは、食事からの摂取に最も近い方法と言えます。

葉酸を多く含む食材

葉酸を多く含む食材は、以下の通りです。

葉酸はビタミンB6やB12、ビタミンCとの相互作用があります。

100g中にビタミンCが120mgも含まれているブロッコリーなど、一つの食材からバランスよく葉酸を摂取可能です。

調理の注意点は、葉酸が熱に弱く壊れやすいことです。

他の食材では、動物性食品の鶏レバー(1,300μg)や牛のレバー(1,000μg)に多く含まれています。

葉酸サプリは天然が安全

国内で販売されている葉酸サプリメントの多くが合成葉酸です。

合成葉酸を摂取し続けると、赤ちゃんが喘息になるリスクが高くなると言われています。

他にも、アトピーの発症率も高くなると言われています。サプリメント選びは、十分に注意してください。

▼1個あたりの価格は?

  • Amazon:5,720 円
  • 直営店:4,980 円

>>オーガニック天然葉酸の詳細はこちら

メニュー